上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

高齢者のお風呂に役立つ介護保険が適用される福祉用具

1

高齢者のお風呂に役立つ、介護保険が適用される福祉用具

介護保険制度は、リフォーム時の利用だけではなく、福祉用具での利用も可能です。

4-1. シャワーチェア

シャワーチェアは、入浴時に使用する椅子のことです。立ちながらの作業がつらくなってきた方、立つとふらつきがある方向けの用品です。

ひじ掛けがあるもの?ないもの、背もたれがあるもの?ないもの、座面が回るもの、折りたたみできるもの、などさまざまな種類のシャワーチェアがございます。

利用者の身體狀況等に合ったものを選ぶことが大切です。一方、背もたれがないと背もたれに頼らないため、筋力維持につながるメリットが挙げられます。

シャワーチェアは介護保険が利用できます。

4-2. シャワーキャリー

シャワーキャリーとは入浴用の椅子のことでキャスターがついており、居室から浴室までそのまま移動できるのが特徴です。シャワーキャリーのままシャワーを浴びられ、車椅子から移動する必要がなく介護者の負擔を減らせます。浴室への移動が難しい方におすすめです。

背もたれや肘掛けの高さなどを選べるものなどもございます。

シャワーキャリーは介護保険が利用できます。

4-3. 浴槽內椅子(浴槽臺)

浴槽內椅子(浴槽臺)は浴槽內と洗い場の高低差を補い、浴槽をまたぐ際の転倒を防止する役割があります。浴槽が深くてまたぎが大変な方向けの用品です。

また浴槽內で椅子や踏み臺として使え、姿勢が不安定な方?立ち上がりが難しい方にも適しています。扱いやすい軽量で吸盤が付いているタイプや、お湯はり後に浴槽臺を入れると自重で沈むタイプなどがあります。

利用者が使用に慣れるまでは、滑りやすかったりふらつきやすかったりする場合も考えられるので注意が必要です。

浴槽內椅子(浴槽臺)は介護保険が利用できます。

4-4. 入浴臺(バスボード)

入浴臺を浴槽の縁に置いて使用します。入浴臺は座った姿勢のまま浴槽へ移動ができるため、浴槽をまたぐ動作に不安がある方に適しています。

入浴臺にはサイズや重さに種類があり、座面が回るタイプもあります。利用方法は浴槽の幅に設置した入浴臺に腰掛けて手すりにつかまり浴槽に入り、入浴臺を外します。

入浴臺を購入する際は浴槽の寸法を測ることを忘れずにしてください。

入浴臺は介護保険が利用できます。

4-5. すのこ?すべり止めマット

すのこは浴室內の段差解消に役立つ用品です。段差があるとつまずきによる転倒の恐れがありますが、すのこを敷くことで段差を減らす事ができます。介護保険の適用となります。

すべり止めマットは浴槽內や洗い場に置きます。歩行時や立ち上がる際の滑りを防ぎ、転倒を防止します。吸盤タイプや置いて使うタイプなどがあります。

すべり止めマットは介護保険対象外ですので、注意して下さい。

4-6. 簡易浴槽

利用者が、居室などで簡単に入浴ができるよう、入浴動作を助けるためのものです??諝菔接证险郅辘郡郡呤降趣侨菀驻艘苿婴扦毪猡韦扦ⅳ盲?、取水又は排水のために工事を伴わないものです。簡易浴槽は介護保険が利用できます。

4-7. リフト(移動用リフトのつり具の部分)

移動用リフトとは、利用者が移動する際、體を包んで支えるつり具を吊るものです。移動用リフトのつり具部分には、両足の腿部分を別々に包む腳分離型、體全體をつつみ込むシート型、脇の下と腿の下にかかる二つのバンドからなるセパレート型などさまざまな種類があり、用途に合ったものを選ぶことが大切です。

詳しくは、厚労省サイトをご參照ください。

エア?ウォーターグループでは介護用品を取り扱っております。
介護用品をお探しの方は、下記のサイトへアクセスしてお問合せください。
ライフサプライ株式會社

日本養老展202203A.jpg