上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場の未來像とは?

1

植物工場の未來像とは?

このようにコストや単価などの課題が多く、価格だけでみると植物工場の野菜が一般家庭で消費する野菜として流通することは、今はほとんどない。

しかし、売り先をどこに絞るかによっては、気候などを問わず安定供給できる植物工場の意義があることも確かだ。

「おそらくほとんどの方が、植物工場の野菜を必ず1回は口にしているはずです。コンビニや機內食、外食チェーンなどに、植物工場産の野菜は幅広く浸透しています。これらはあえて『植物工場産』とアピールしていないだけなんです。

社會福祉法人や小さな會社などで補助金を活用して障害者雇用に取り組んでいる例もあります。このような例は一般的な農業ではなかなか難しい面もありますが、社會的な意義もあります。

規模に応じて様々な植物工場があって、私たちの身近な暮らしの中で活用されているんです」

ほかにも、イノプレックスが支援するイタリアンレストラン「ガレリア」が実施している、店內で工場方式のバジルなどを栽培し、その場で収穫して料理に使うという「店産店消」の店舗併設型植物工場のように、一種のアトラクションのような活用も考えられる。



従來の農業という枠組みを超えた様々な場所や方法で、植物工場はどんどん進化を遂げているのだ。


日本園藝展2110A.jpg