上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場のデメリット

5

植物工場のデメリット

一方で、植物工場ならではの解決できていない課題もまだまだ殘されている。

?まとまった資金が必要

補助金などが支給されるとしても、一定の資金は必要になる。そのため、一般の露地栽培農家が植物工場に転換するといったことは難しい。

?レタス以外についてはノウハウと設備技術が追いついていない

レタス以外にも栽培はできると述べたが、コスト面から研究開発などにおいてもレタス以外のノウハウ、設備の技術などはまだまだ進んでいない。

?運用コストがまだまだ高い

植物工場で育てた分のコストを回収しようとすると、1個あたりの単価はどうしても高くなってしまう。例えば2009年頃は、植物工場産レタス1個あたりの卸値は350?400円程度だった。2018年現在では150?200円くらいまで下がってきているが、それでも市場の価格と比べると割高だ。一般のスーパーなどで流通させようとしても、価格的に競爭力が厳しい面がある。

?価格(生産コスト)は、レタスですら露地栽培にはかなわない

**のノウハウがあるレタスでさえ、露地栽培のレタスとの価格差が大きくなってしまう。

たとえば、大規模施設の運営?栽培ノウハウを持つ企業であっても、生産原価で80gのフリルレタスが70円?80円くらいだが、露地栽培による玉レタスであれば、有名ブランドの商品でも1kg300円(卸値)くらい、低価格帯の大手外食チェーンなどの大量発注の場合、植物工場のレタスと比較して品質面は各段に劣るが、1kg100円臺で取引されることもある。それが植物工場製レタスの場合は、1kgあたり850?1000円と2倍以上にもなってしまう(もちろん、年間契約などで平均化はできるし、外食の場合は市場価格が変動してもメニュー価格を変えなくて済むというメリットもある)。

?販売先は直接が基本

植物工場のレタスは、JAなどの流通に乗せることができないため、獨自に販売先の確保と拡大が必要だ。1年営業して販路を開拓し、2年目に生産量の半分くらいの販売先が見つかり、3年後くらいにようやく販路が確保できるというのが成功事例だという。コスト的にも時間的にも負擔が大きい。


日本園藝展2110A.jpg