上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場のメリット

1

植物工場のメリット

ここであらためて、植物工場のメリットを考えてみよう。

?計畫的に作れる

周年栽培することで、気候変動などに左右されず、常に一定のクオリティの野菜を計畫的に栽培?収穫できる。

?制御するファクターが少ないので、知識がなくても作れる

露地栽培のように土の質や病害蟲の影響などを心配する必要がなく、農業に関する知識、経験、勘といったものが必要ない。


?栄養素や機能性をコントロールできる

外的な変化の要因が少ないため、最近では掛け合わせなどにより機能性の高い野菜を安定的に収穫することもできている。例えば、低カリウムのレタス、妊婦用マグネシウム、亜鉛を増やした野菜など、健康指向の消費者の要望に合う商品の開発も可能になってきている。

?國の認可を受けた上で食用以外の野菜の栽培も可能

こちらは野菜の栽培とは少しずれるが、新型のインフルエンザワクチン入り野菜などがアメリカでは開発されており、2019?20年には市場に出てくることが予想されるという。これらはだいたい1~2週間程度で作れるため(植物の育成期間を含めると6週間程度が必要)、従來の鶏卵を用いたワクチン製造(6カ月程度が必要)と比べて、大幅な時間とコストの節約につながることが期待されている。

?加工工賃が安くて済む

土を使わない場合は、農薬も使っておらず水洗い不要なため、飲食店での店內調理の際に事前の水洗いなどが必要なく、そういった人件費なども節約できる。


日本園藝展2110A.jpg