上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場に関する補助金は?

3

植物工場に関する補助金は?

これほどのイニシャルコストがかかるとなると、大企業やよほどの資金がある農業法人以外は手が出せない。しかし、國側としても補助金などを用意しているという。

「「過去には、海外市場を視野に入れた事業プランや市場開拓のため、グローバルな農商工連攜に関する補助金(経済産業?。─摔?、1年間で1億円くらい支援されることもありました。金額は少なくなりましたが、現在でも似たような補助プランもあります。その他、各自治體による工業誘致支援などでは、數億円の補助支援を行う地域もあります。

また、農林水産省の農福連攜(障害者雇用の取り組み)のために、2000萬?3000萬円くらい出る補助金もあります。企業の障害者雇用に関する取り組みは、法定雇用率がありつつもなかなか進みませんが、実は植物工場はそこで働く人にとっても労働環境がとてもいいんです。

場所を選ばないため、都心などに設置できることから公共の交通機関で通えること、空調などが制御されているため労働環境がいいこと、危険な作業がないことのほか、野菜を作るという楽しみがあることや、直売所などでは販売員としてお客様と觸れ合ったりもできますから」

こうした補助金を活用することで、500株くらいまでの小規模な植物工場を、寄付金や補助金を集めて設置している企業もある。例えば2000萬円補助+1000萬寄付+自己資金1000萬といったかたちであれば、農産物の販売のみで利益が出なくても、運用することは可能なわけだ。


日本園藝展2110A.jpg