上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場の運用コストはどれくらい?

1

植物工場の運用コストはどれくらい?

黒字化が可能であれば、植物工場がさらに普及していく可能性はある。では、そのコストはどれくらいなのだろうか。

「完全人工光型の場合で考えてみましょう。

リーフレタスを1日1000株生産する場合、棚のようなかたちで施設內の空間を縦に使用しますが、成長したレタスにあまり高さは必要ないので、一般的な室內の天井高で問題ありません。なので、立地としては空き工場や倉庫などが使えます??栅┰Oを再利用する場合、施設高は2.5~3メートル弱で、リーフレタスの場合は5段くらいを積み上げて栽培します。

上記のような空き施設を再利用しながら、生育のための設備を導入するとしたら、だいたい6000萬?7000萬円くらい。建物外部の気溫の影響を受けにくくするための斷熱パネルや、環境制御のための空調を入れるといった改修費用が2000萬?3000萬円くらい。合計で8000萬?1億円弱くらいで作れます。

施設の面積は、生産ルームだけで600?700平方メートルくらいです。ランニングコストは空調や光源の光熱費が主で、これは規模や數量などによりますが、常に稼働させなければなりませんので、やはりそれなりの額はかかることはわかると思います。

これはレタス工場の例ですが、今のところ葉物野菜しかペイしません。レタスは光がそれほど必要なく、育っても高さが必要ないから、何段もの棚が作れます。しかしトマトなど実がなるものを育てるとなると、全方位照射が必要になったりして照明本數が増え、照明自體の強さも必要になります」