上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場に導入されている主な技術

1

植物工場に導入されている主な技術

前述のように、溫度や濕度、光などが管理された植物工場には、當然、様々なIoT技術が導入されている。その代表的な技術のひとつが「光源」だ。

「野菜などの植物が成長するために必要な光は、例えばレタスとハーブなど品種によっても違いますし、タネや苗の狀態、生育時や収穫時などで最適な光の波長や強さは異なります。最近では作物の品種などに合わせた波長の光を用意することで、飛躍的に成長を高めることも可能になってきています。

光源としては白熱燈、蛍光燈に始まり、近年はLEDが使われるようになってきました。これは光熱費が圧倒的に安くて済むことが**の理由です。

現在植物工場で栽培されている野菜は、レタスに関してはノウハウが非常に成熟してきています。國內で稼働している植物工場の9割以上はリーフレタスで、殘り1割がハーブやベビーリーフなど、なんです」


栽培されている農産物を見てもわかるとおり、そのほとんどは葉物野菜。トマトのように実がなるタイプの野菜や、イモ類のような根菜類は作りにくい。それは、一定の規格に沿った野菜を育て、効率よく収穫するためだという。

「レタスなどの葉物野菜は、高さが大きく変わらず、収穫の時期になってもそれほど大きくなりません。そのサイズが重要で、大きくなりすぎても逆に管理しにくくなってしまうんです。

また、トマトなどの場合、葉の重なり方や実がなる場所が一定ではなく、1カ所に置いた光だけでは足りず、側面からも照射する必要があるため、追加の設備が必要です。なので、なかなかビジネスにはなりません」

だが、技術は日進月歩で進化し続けている。今後安定的な栽培が期待されているのがイチゴだ。

「イチゴもトマトのように実がなるタイプですが、上ではなく橫に伸びていくため、光が當たりやすくコントロールしやすいんです。甘く熟したイチゴは冬の時期にハウス栽培などで育てられていますが、甘すぎないケーキ用のイチゴなどは現在は海外から輸入されています。これが植物工場を用いて國內で生産できるとなれば、ビジネスチャンスになります。イチゴはレタスの1.5?2倍の光量があれば栽培できるので、今後植物工場で扱う品種として増えてくることが予想されます」


日本園藝展2110A.jpg