上海福貿展覽服務有限公司
        日本各類展會
專業組團 參展參觀

植物工場における光源は2種類

1

植物工場における光源は2種類

植物は、太陽の光と二酸化炭素を結びつける光合成によって生育する。その生育に最も大切な「光」に関しては、植物工場には自然の太陽光を用いる「太陽光利用型」と、蛍光燈やLEDライトなどを用いる「完全人工光型」の2種類の方式があると、藤本氏は説明する。

「太陽光利用型は、オランダの大規模ハウス栽培などで用いられているものです。ヨーロッパは日照がもともと弱いので、ハウスの天井部に補助光を置き、太陽光とともに光をまかなう方式などもあります。この太陽光利用型では、室內の溫度や濕度が細かく変化するので、ICT機器による詳細な制御が必須になります。

一方、完全人工光型は日本で多く実施されている方式で、溫度、濕度はほぼ一定で、変化するファクターが少ないため、環境が安定しています。制御すべき項目も『光の強さ』と『波長』、『炭酸ガス』などそれほど多くはないため、管理しやすいと言えるでしょうね」

ここで素樸な疑問が湧いた?!弗瑭`ロッパと比べて日照が強い日本で、なぜ完全人工光型が多いのか」

すると、「『植物工場としては』という但し書きがつきます」と藤本氏。そもそも日本の野菜の栽培狀況は、植物工場よりも屋外の土で育てるいわゆる露地栽培の方が圧倒的に多い。完全人工光型が多いというのは、植物工場で生産された野菜自體がわずかしかない中で「多い」というわけだ。


日本園藝展2110A.jpg